ドラギは何もしていない

投稿者: | 2016年1月23日

ECB政策金利発表後の株価と為替のリバウンドがすごいです。ドラギマジック炸裂と言ったところですが、実は彼は何もしていません。
 
記事の抜粋からも
ドラギ総裁は理事会後の会見で「金利は当面、現在の水準か、一段と低い水準にとどまる」と述べた。ECBはこの日、主要政策金利をすべて据え置いた。
となっています。
 

元々、中国経済の減速やキャピタルフライトはみんな何となく知っていたことでしょう。また、原油価格の下落は想定外だったとしても、メリットもあるので騒ぐほどのことではあ
0123-WTI-oil-chart

WTI原油先物のチャート 出来高を伴ってリバウンドしているので25日線まではリバウンドするか?

りませんでした。
 
ただ、世界の株価が負のスパイラルに入り、止められる要素が見当たらなかっただけです。つまり、マーケット側がECBをネタに一回ショートを利確したかっただけなのだと思います。
 
日経平均は新年の19,000円から16,000円をタッチして17,000円へリバウンドしています。マーケットが落ち着けば半値戻しの17,500-18,000円へなんとなく戻りそうです。その後は、決算発表を見極めて再度価格調整に入る流れになるのではないでしょうか。
 
ECBが宣言した、3月の追加緩和まではマーケットに凪が来ると考えられます。今回の暴落で痛手を負ったとしても、コツコツとポジション調整をしていきたいところです。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


ドラギは何もしていない」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 1月の政治・経済日程 | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

  2. ピンバック: ドラギ議長の「大盛全部乗せ」は不発!? | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です