2月の中国貿易統計 下げが加速!?

投稿者: | 2016年3月8日

中国税関総署が公表したデータによると、2月の輸出はドル建てで前年同月比25.4%減、輸入は13.8%減でした。
 
春節がある2月は、1月より数字が悪くなる傾向がありますが、この数字は前年同月比なので、単純に去年より1割以上も貿易が縮小したということになります。
 
黒字額も633億ドルから326億ドルに縮小しており、人民元安の圧力が強いことを表しています。

 
中国の2月貿易統計、輸出は前年比25.4%減 輸入は13.8%減

3月8日、中国税関総署が発表した2月の貿易統計は、輸出が前年同月比25.4%減となり、減少率は市場予想を上回った。(2015年 ロイター/China Daily)

キャピタルフライトを恐れるあまり、通貨下落による国際競争力の回復を狙えないうちは、外貨準備高の取り崩しが続きそうです。
 
1か月で10兆円ペースの外貨準備取り崩しなら、安定した貿易に必要な外貨はあと6か月持たない計算です。
 
この結果を受けて、欧米の株価がどのように反応するか?また、あさってからのECB理事会に対する期待の変化を見極める必要がありそうです。
 
とりあえず、株式のポジションは減らしておいたほうがよさそうですね。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力ください。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です