ドラギ議長の「大盛全部乗せ」は不発!?

投稿者: | 2016年3月11日

1月末に世界同時株安を止めたECBのドラギ議長のマジックに、今回も注目が集まりました。
 
前回はブラフでしたが、今回は政策実施の具体的な発表でした。
 
結論から言うと不発なのですが、これは今後の緩和を否定する発言をしたためで、政策は株価押し上げ要因と言えそうです。
 
来週はFOMCと日銀の政策決定会合があるので、株価はじわじわ戻すかもしれません。

 
ecb-meeting

3月10日、ECBは主要3金利の一斉引き下げや資産買い入れ額拡大などの追加緩和策を発表した。写真はフランクフルトで記者会見に臨むドラギ総裁。10日撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

個人的に、今回のドラギ議長のコメントには、マイナス金利について重要な示唆があったように思えます。
 
それは記者会見でマイナス金利は景気下支えに限界がある、とコメントしたことです。
 
このコメントは単純に、中央銀行が欧州の銀行をかばうため、もしくは突き上げが厳しくなりすぎたために、マイナス金利への期待値を下げたかっただけかもしれません。
 
しかし、ECBが行っているマイナス金利は、銀行が中央銀行に預けている当座預金を一律で-0.4%にしています。
 
これは銀行の収益を大きく圧迫し、運用先のない預金を新たに預かるインセンティブを奪いました。
 
その結果、一般預金者の金利もマイナスになるほど影響が現れています。
 
 
一方、日銀のマイナス金利政策は追加的な日銀当座預金残高の増加を制御するためマイナス金利になる部分は、日銀の裁量で制御できます。
 
これなら、預金者の金利をマイナスにしなくても日銀当座預金で利回りを稼げる状況は残るので、日銀の政策手段も、銀行の運用方法にも猶予ができます。
 
マイナス金利によってマーケットに語り掛けることが目的なら、マイナス幅を広げた分、利付で預けられる当座預金残高の割合を増やすこともできるわけです。
 
マネーフローの透明性としては褒められませんが、マーケットに向けたメッセージ効果は担保されるのではないでしょうか。
 
最後になりましたが、ECBの政策内容概略を下記にまとめておきます。
 
・政策金利 
 予想0.05%に対し0.00% (前回 0.05%)
・上限政策金利限界貸出金利
 予想0.30%に対し0.25% (前回 0.30%)
・下限政策金利中銀預金金利
 予想-0.40%に対し-0.40% (前回 -0.30%)
・資産買入れプログラム
 800億ユーロへ拡大 実施は4月 (前回 600億ユーロ)
・投資適格社債(金融債を除く)を資産買入れプログラムの対象に含める
 日本でいうETFやREITの購入と似た方法
・TLTRO 2を6月から開始
 融資を増やした銀行は、4年間の償還期限付きで新たな資金調達ができる
 
————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力ください。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ


ドラギ議長の「大盛全部乗せ」は不発!?」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 3月の政治・経済日程 | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

  2. ピンバック: 政策決定会合前の日銀リーク | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

  3. ピンバック: ECBは予想通り金利据え置き | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です