日銀短観でサプライズ?

投稿者: | 2016年4月3日

新年度初日の東証株価指数は大幅下落になってしまいました。
 
きっかけは日銀短観です。
 
大企業の、内容も見通しも大幅悪化となっています。
 
特に2016年度の売上高計画がマイナスになっている点が厳しいです。
 
設備投資計画も規模、業種問わず下方修正されています。
 
雇用だけは人員不足が続いているようで、これも事業拡大の足を引っ張っている原因と言えそうです。
 
資金繰りはまだ余裕があるようですが、景気が悪くなれば悪化してくるでしょう。
 
仕事と人手は足りないけどお金はあるということであれば、観光業をサポートするビザの緩和、公共投資の拡大や研究開発減税などの政策余地が生まれそうです。
 
5月の伊勢志摩サミットが控えているので、それまでに何かしらの政策が発表されることが期待されます。
 
このまま、1月の再現で日経平均が15,000円まで下落するようなら、インバウンド関連株を中心にリバウンド狙いの買いを入れたいと思います。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力ください。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


日銀短観でサプライズ?」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 株価下落に慌てる必要はなさそうです | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

  2. ピンバック: アベノミクスの次の一手を考えてみる | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

  3. ピンバック: 4月の政治・経済日程 | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です