とにかくサミットをクリアして次へ・・・

投稿者: | 2016年5月21日

先週は明らかにネタ不足で、サミットに関連した話題待ちの相場でした。

決算発表が進む中、好決算に反応する銘柄も散見されましたが、トレンドが生まれるほどではありません。

来週はどうでしょうか?

来週の主な経済指標は以下のようになっています。

伊勢志摩サミットが注目ではありますが、円高になってからの日本の貿易統計やドイツ、米国の各指標も為替と株価に微妙な影響を与えそうです。

特に、貿易統計は黒字が拡大しても総額が落ち込んでいるようだと、世界中の株価が上がるモメンタムを期待できなくなりそうです。

23日 4月の日本の貿易統計(予想:5400億円、前回:7550億円)
24日 ユーロ圏財務相会合
   ドイツZEW景況感調査
   米国・新築住宅販売件数
25日 ドイツIfo景況指数
26日 伊勢志摩サミット開催
   米国・中古住宅販売保留指数
   米国・新規失業保険申請件数
27日 米国・四半期GDP改定値(前回:1.0%、予想:0.8%)
*「みんなの外為」一部抜粋と追記 

一方で、米国の決算発表の中に明るい兆しも見えてきました。

0521-amat

世界最大の半導体製造装置のサプライヤー、アプライドマテリアルズの決算と見通しはサプライズ!! ディスプレイ需要が強い。

5月20日に米国のアプライド・マテリアルズ(AMAT)が決算発表を行い、サプライズの上昇をしています。

第2・四半期決算と第3・四半期見通しが予想を上回り、少なくとも証券会社7社が目標株価を引き上げています。

これに伴い、ハイテク関連が上昇して週末の相場を終えています。

日本の半導体装置材料・部品関連銘柄も来週から上昇傾向に入ることが期待できそうです。

特にディスプレイ関連は注目で、先週もスクリーンHD(7735)が有機EL装置に参入のニュースで上げていたので、いい流れが生まれるかもしれません。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力ください。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です