伊勢志摩サミット 無事閉幕

投稿者: | 2016年5月28日

安全保障、経済政策で注目を集めた伊勢志摩サミットが終わりました。なんにせよ、テロや暴徒などの問題が起こらなかったのでよかったと思います。

国内ではオバマ大統領の広島訪問が最も大きく取り上げられていましたが、会議の内容はほぼ経済についての議論です。

G7伊勢志摩首脳宣言から主要な部分と、今回採択された項目をおさらいし、今後の経済政策や投資戦略の参考にしたいと思います。

【世界経済の状況】は安倍首相のプレゼンもむなしく「危機的状況」という認識にはなりませんでした。変わって「危機に陥ることを回避するため・・・」という書き方になっています。

一方【政策的対応】では、「3本の矢のアプローチ」「財政戦略の機動的な実施」を入れることができました。これで国内的にはアベノミクス第二の矢である財政出動がやりやすくなりました。さらに、財政政策の一環として消費税増税の延期も発表しやすい地合いができたと言えるでしょう。

0528-iseshima-summit【金融規制改革】については、まったく話し合われなかったのではないでしょうか。パナマ文書や中国の金融市場の改革が重要になってきますので、触れないし、触りたくないといった感じだと思います。

【税と透明性】はBEPSパッケージの実施と拡大を明記しています。パナマ文書が問題になっているので、深入りはできなかったようですね。

【貿易】は項目が多いです。過剰生産能力の解消のため自由貿易促進が必要となっていますが、なかなか進まない話です。

環境物質に関する協定(EGA)を9月のG20杭州サミットまでに妥結する旨を明記しています。TPPと日EU・EPAの合意も明記されました。日本とEUの強固なコミットメントがあったようです。この2つは今後の国際経済において非常に重要になってくるので良い形で妥結してほしいです。

【インフラ投資】も実施努力が記載されましたが、各国の事情によるところが多いので具体的な内容には踏み込んでいないようです。セキューラスタグネーション対策として重要な部分でもあるので、注目ですね。

【保険】では「国際保健のためのG7伊勢志摩ビジョン」に基づき各国が行動することになったようです。今後話題になるかもしれません。

【女性の社会進出】に関してはG7行動指針を採択し、「女性の理系キャリア促進のためのG7イニシアティブ(WINDS)」を立ち上げました。今後もリケジョは話題になりそうですね。

【政治外交】はテロと難民、その原因となる中東の不安定化についてコメントされています。北朝鮮問題も4つ目に挙げられていますが、目新しい対応策などはないようです。

【軍縮・核不拡散】はオバマ大統領が広島を訪問したので話題になりましたが、新たな宣言などはなく広島宣言の支持のみとなっています。

【気候変動】や【開発】では、新しい決定事項はなく、取り組み中のものを支持するだけにとどまったようです。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力ください。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です