日銀の方針変更?

投稿者: | 2016年7月29日

日銀の金融政策決定会合が終わり、以下の追加緩和とコメントが発表されました。

1.日銀はETF買い入れを3.3兆円から6兆円へ増額
2.これまでの政策を総点検する
3.政府の財政出動を援助できるように政策をする

予想されていた国債購入額の増加やマイナス金利の変更はありませんでした。

量的な緩和はETFの買い入れ額増加のみとなっています。

12:40分頃に追加緩和のニュースが流れ、日経平均をはじめとする指数が大きく触れました。

結局、株価指数は一通り上昇し、REIT指数だけがマイナスで引けました。

REITに関しては、日銀による買い増し期待があったため、やや下げたといった状況です。

 

今回の政策発表では、これまでの日銀の方針を変更するようなコメントが発表されています。

それは、政策との連携についてコミットメント(約束)ともとれるような発言があったことです。

かねてよりヘリコプターマネーの期待が高まっていたので、配慮したのかもしれませんが

雰囲気的にはこれまでのサプライズ発表をやめ、政策や過去の緩和を見直すことに言及し

将来的な緩和観測に確実性を持たせようとしているように見えます。

FRBやECBに近いスタンスに切り替え、政府との協力姿勢を見せることで株価や景気の底支えをしていきたいのかもしれません。

正直な話として、金融政策に手詰まり感があるのも事実でしょう。

これからは単独の金融政策ではなく、政府の財政政策をサポートする意味づけを強くして、金融政策を展開していくことが予想されます。

実際、今日は為替が円高になったにもかかわらず、株価が上げています。

これまでの円安頼りの政策ではなく、財政出動による内需拡大で株価を支えることになりそうです。

個人的にはIR法案が8月の半ばから注目を集めると考えています。

関連銘柄も上げていたので、都知事選挙でIR賛成の都知事が誕生すれば、月曜日はもう一段の株価上昇が期待できそうです。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力ください。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 経済ブログ 経済情報へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


日銀の方針変更?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 8月の政治・経済日程 | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です