中国政府は動かず

投稿者: | 2015年8月24日

先週の指標悪化に関わらず、週末に中国政府は動きませんでした。こうなると、誰が下落を止めるのでしょうか?上海株式市場は今年の底値目安3,400が近づいており、6月末から7月末に食い止めた底値も割れつつあります。香港市場はすでにこのラインを割り込んでおり、海外投資家は中国に対して不信感を強めています。

0824 china government silent

中国政府は動かなかった(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

もし月曜日に上海株式市場が3400を割り込むと、次は2014年10月の緩和開始時の3,200がターゲットになります。これも割り込むといよいよ信用収縮が越年で始まることになり、不動産や地方政府の負債も巻き込む大惨事になりかねません。

悲観のきわみは近づいているので、一気に3,200割れまで行かないとは思いますが、今年の後半は世界の経済環境が一変するほどのイベントが起こりそうです。

 

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。


にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です