中国政府がやっと金融対策を実行

投稿者: | 2015年8月25日

Shanghai Stock Exchange

(Photo by On Man Kevin Lee/Getty Images)

中国人民銀行が歯止めのかからない株価下落に対して、ようやく対策を発表しました。

 

預金準備率(9月6日~)
18.5%から18%

預金金利(8月26日~)
2%から1.75%

1年物の基準貸出金利(8月26日~)
4.85%から4.6%

預金準備率の引き下げにより、6780億元(約13兆円)の資金供給と同じ効果が見込まれます。また、満期一年を越える定期預金の金利に対し、上限を撤廃しました。これで長期間資金を預けさせて、キャピタルフライトを防ぐつもりのようです。

これで全銀行の預金準備率引き下げは2015年中で3回と、国内経済の異常事態を暗示しています。ここからは、株式相場と不動産相場の安定が注目されそうです。

今日の欧米マーケットはこの対策を好感して、3%以上の上昇で始まっているようです。これで8月末は落ち着いてくれればいいですね。明日は電力とジェネリック銘柄を改めて物色したいと思います。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です