米国利上げ前の歪がキシキシと・・・(6月8日)

投稿者: | 2015年8月28日

トルコで政治的な不安定が表面化しつつあります。

トルコの政局不安、チャンス到来かも

長期独裁的な政権が揺らぐとき、その動揺は大きなものになりやすいです。
ましてやトルコは経済的、地政学的に一気に不安定化しやすいところです。
経済面では、国の収入を観光と短期の国債で賄っているためすぐに外貨が枯渇します。

だから、ちょっとでも通貨が弱るとすぐに利上げします。
その結果、景気が腰折れして政権批判が高まる、利下げ⇒通貨安⇒外貨減少・・・
と悪循環に入ってしまいます。

また、地政学的には保守的なイスラム勢力とキリスト勢力が同居しているので
政権交代の際は、民族・宗教問題も併発します。
近くにはイスラム国もいるので、ますます危なっかしいですね。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。

 

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


米国利上げ前の歪がキシキシと・・・(6月8日)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 原油安によって各国の経常収支が激変! | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です