ノーベル賞でバイオ株が盛り上がるか?

投稿者: | 2016年10月3日

10月が始まりました。第一週は雇用統計ウイークですが、今月は盛り上がりに欠けそうです。

中国が国慶節で休みなため、出来高が細ることも予想されます。

注目はノーベル賞シーテック臨時国会あたりになりそうです。

3日には早速、ノーベル医学・生理学賞受賞のニュースが飛び込んできました。

インデックス系の大型株は値動きが悪そうですが、話題になった小型株は値を飛ばしそうです。

3日 日銀短観
   米国ISM製造業景況指数
4日 2Q決算発表シーズン開始
   豪中銀(RBA)政策金利発表
5日 ノーベル化学賞
   米・ADP民間雇用者数、貿易収支、ISM非製造業景況指数
6日 G20財務・中央銀行会議
   米・新規失業保険申請件数
7日 米・非農業部門雇用者数
9日 大統領テレビ討論会

 

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力ください。

 

Fx-onで有料コラムの連載をしています。個別銘柄の売買タイミングなど具体的に紹介しています。こちらも、よろしくお願いします。

Fx-on 投資ナビ+

【注目の個別株】Global Macro~世界のマネーフローで儲ける


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です