足利銀行と常陽銀行が合併するらしい

投稿者: | 2015年10月28日

栃木県と茨城県の最大手地方銀行が合併するかもしれません。日本の地方金融が動き出すと言うことも注目ですが、個人的にも地元の銀行なので興味深い話です。

統合が実現すれば、地方銀行として全国3位になり、資産は約15兆円となるそうです。地方銀行トップの横浜銀行と東日本銀行のグループ(約17兆円)に匹敵する規模になるようです。

足利銀行は一度経営破たんしており、再上場するために野村ホールディングスを中心とする企業連合と
事業の再編と拡張をしてきました。このため、地方銀行特有の、新しい金融商品に弱い体質は払拭されているようです。

北関東は西よりも人口が少ないため経済規模はいまいちですが、安い土地と都心への交通インフラと言う強みもあります。最近ではGLPに代表される先進的物流施設が増えるなど、活況を取り戻しつつあります。

あとは北関東自動車道沿線の開発に取り組めば、大きなチャンスが生まれる気もするので、がんばって欲しいところです。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です