郵政3社のIPO価格決定

投稿者: | 2015年10月29日

いよいよ郵政3社の親玉である日本郵政の公開価格が、上限の1,400円で決まったようです。
それにしても、各メディアの買いあおりがすごい!

・国内のIPO割り当ては95%が個人だった。上場後に機関投資家が買いに入ることが予想される。
・直近の大型IPOを上げて0.5-2.3%の上昇は十分あると言いながら「11月4日は郵政株で儲けた投  資家が他の銘柄を物色するので相場全体が上がる」と言っている。
・かんぽ生命は大手証券があきらめるように説得するほど人気
・グレーマーケットでは公開価格を上回る人気ぶり
・倍率は100倍で、家族名義の複数口座を開設するほどの人気

すでに、この買いあおりがグレーと言うかブラックですね。2%程度の利益が出からといって、他を買い増しする余裕できますかね?

こちらのブログでは、予想外の当選ラッシュで驚いているようです。実は余っていたりするかもしれません。ブログと一般記事のどちらを信用しましょうか?

どちらにせよ、REITのときの例もありますので、公的資金を総動員して買い上げてくれるのでしょう。
11月上旬はかなり底堅い相場が期待できそうです。

個人的には手を出さないで様子見を決め込みますが、しばらく相場の話題をさらっていきそうです。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です