中国株に手を出すか?

投稿者: | 2015年11月17日

1117-china-bank-3988久しぶりに中国銀行(03988)のチャートを見てみました。二番底をつけて上昇かと思ったら、10月末から失速していますね。

10月上旬の二番底と思われたところは、異常に出来高が少なくなっています。このころは一通り取引規制が出し終わったくらいのころなので、取引できる金額が少ない中、政府の買い上げでもあったのでしょう。

問題は11月に入ってからの弱さです。25日移動平均線を割り込んだ後、リバウンドで戻ることができず、ずるずると下げています(チャートの丸印)。既に同線が上値抵抗線として機能していることを示しています。

さらに同線が下落傾向になってくると、いよいよまずい感じになりそうです。降りてくる移動平均線はリバウンドを期待して買った向きがやれやれの売りを出していることになるので、ファンダメンタルの改善や財政出動などによる、マネーフローの転換がないと越えられないのではないでしょうか。

規制で細った出来高に損切りの売りがかぶさってくると、安値更新の可能性が高くなりそうです。目標は9月9日の3.25ポイントでしょう。これを割り込むとマーケットが騒がしくなってくることが考えられるので、注視しておきたいところですね。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です