G20はテロ問題一色で終わりました

投稿者: | 2015年11月18日

今月の注目材料のひとつだったG20はフランスのテロをきっかけに安全保障会議になった感があります。

まあ、当然と言えば当然なのですが、ややヒステリックになっている状態でこの会議が開かれたのは不運な気もします。非難声明は出せても、何一つ具体的な解決策や防衛策が議論された形跡もありませんでした。フランスが右傾化しないか心配ですね。

あまり知られていませんが、2月9日、10日にG20の財務大臣・中央銀行総裁会議が開かれていました。いくつかの条項を抜粋しますがこの8ヶ月以上でまったく進展がないことが伺えます。

1.先進国の経済は回復、新興国は減速、雇用創出が重要。
2.原油価格下落によるインフレ率の下方圧力が輸入国の購買力を増加させる。
3.先進国は回復途上で需要は回復しつつあるが、インフレが弱まるようであれば積極的に金融・財政対策を打つ

懐かしい話題としてはエボラの対策でしょうか。どうなったんでしょうね?

とりあえず、今回はマーケットを動かすような内容はありませんでした。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


G20はテロ問題一色で終わりました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 11月の政治・経済日程 | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です