東北電力(9506)の増資は買いか?

投稿者: | 2015年11月23日

東北電力(9506)が増資を発表しました。マーケットは将来の株価希薄化を嫌って6%くらい下げました。これに対して、JPモルガンは投資判断をニュートラルからオーバーウエイトへ格上しています。

目標株価も1,800円とし(現在:1,529円、PER10.2倍、PBR1.17倍)、高効率発電所による関東でのシェア獲得、増資による財務健全化で増配ペースの加速などに期待できるといっています。

今回のオペレーションが2月の中国電力(9504)とそっくりだったので比較してみました。

1123-comparable-table

主幹事が同じ事もあり、ほとんど同じオペレーションですね。

両社の状況を比較してみると、自己資本の毀損具合はこの5年で

中国電力 23.2%から20.0%
東北電力 20.5%から14.6%

のようになっており、東北電力のほうが危機感が高いといえそうです。もっとも、ここ3年は黒字化により資本の積み増しが出来ていますので、この増資で体制を万全にして平常運転モードに戻りたいのだと思います。

この数字を見る限り、中長期で東北電力は買いといえそうですね。特に、4月前には電力価格の改定があるので、期待値で株価が上がりやすくなります。タイミングを見るならそこらへんでしょう。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報を共有するため、フォローやシェア、ブックマークなど、ご協力いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 株ブログ 外国株へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です