イベント通過と四季報銘柄

投稿者: | 2018年6月17日

先週は政治・経済イベントが3つも並び、動きにくい相場でした。

結局、大きな波乱なくイベント通過となり、来週を迎えます。

直近期待されるのは日経平均23,000円越ですが、チャート的にはやや雲行きが怪しいようです。

23,000円付近で出来高が減少して、ダブルトップに近い形になっています。

一方、6月第一週に投資主体別売買動向で、外国人が買い越していたのは朗報です。

大きな資金が動くのを確認してからポジションをとっても遅くはなさそうですね。

また相場仕切り直しの要因として、四季報が発売されました。

金曜日はこの内容を受けて動意づいた銘柄もあったようです。

四季報を軸に投資している方も多いので、ツイートで「四季報 ダブルニコチャン」で検索してみてください。

60銘柄くらいあるようです。

ダブルニコチャンの基準は、東洋経済四季報で営業利益予想が独自増額+30%以上の銘柄になります。

どこかで買いが入る可能性もあるので、継続監視してみてはいかがでしょうか。

————————————————————————————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

質問や執筆テーマのご要望などありましたら、お問い合わせください。

情報を共有するため、フォローやシェアなど、よろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です