日本郵政のIPO

投稿者: | 2015年8月8日

今年後半の株式市場を占う大型案件が本格始動のようです。

時価総額1兆超のIPO株は買いか!? 日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の上場に迫る

ざくっと数字を見ただけでも非常に大きな案件であることが分かります。

6月の一日当りの東証一部の出来高が2.5兆円程度なのに対してこのIPOの吸収金額は1~2兆円です。

そのあとも東京証券取引所が定める35%以上の売り出しに到達するまでシナリオが決まっているわけではないようです。

証券会社の腕の見せ所ですね。

 

◆官製企業のIPOはおいしいかも!?

個人的には、日本ヘルスケアREITの上場をイメージします。

chart Japan-healthcare-REIT規模は比べ物になりませんが、官製企業の上場と言うことで、政府はかなりの買い上げを仕掛けてきそうです。

つまりセカンダリーでも取れる利益があると言うこと。

今後の情報集めが大事ですね。

———————————————————————-

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

世界経済についてマネーフローの視点で解説し、ポジショントークで儲かる方法を探していきます。

情報をシェアするため、ツイッターでフォローやシェアなど、ご協力いただけるとうれしいです。


日本郵政のIPO」への3件のフィードバック

  1. Mr WordPress

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

    返信
  2. ピンバック: 見えてきた郵政3社IPOの影響 | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

  3. ピンバック: 郵政3社のIPO価格決定 | Global Macro~世界のマネーフローで儲ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です